Profile

パチンコの構成要素

高さ約80cm、幅約50cmのエンターテイメント劇場。それがパチンコ機です。プレイヤーを夢中にさせる映像演出、サウンド演出、光演出、メカトロニクス演出など、あらゆる点に最先端技術が導入されています。各部門のスタッフが、1台のパチンコ機を成立させるためにどのような働きをしているのか、ご紹介します。

ランプ

ランプ
役物制御

電飾

機構設計

ゲージ(釘)
設計

出玉設計

演出制御
プログラム

抽選
システム

モバイル
連動
システム

プロダクト
デザイン

補給機能

タイアップ

映像

サウンド

複雑な釘を通過し入賞した球を抽選し、賞球を排出する。パチンコを構成するシステムはそれだけではありません。機種ごとに釘のレイアウトを変え、映像モニターやキャラクターなどの役物を配置。さらに興奮を高める音響、照明、可動役物など様々な独自演出を採用し、かつすべての演出を統合する制御ソフトを搭載します。それぞれの技術は各部門の専門スタッフが独自に開発。生み出される遊技機は、それら最新技術を融合し、数多くの構成要素がバランスよく組み合わされてはじめて素晴らしいマシンとなるのです。

パチンコが世に出るまで

パチンコ機は、様々な工程を経て、顧客であるパチンコパーラーへ納品されます。下記のパチンコ機が世に出るまでの01〜09の各工程を、クリックまたはタップすると、各工程で行われている作業の概要がわかります。

商品企画

パチンコパーラーとプレイヤーのニーズを想像しながら、コンテンツ、システム、演出、役物、映像演出、出玉設計などを形にします。伝統的技術から最先端の技術まで、様々な技術を盛り込み、五感すべてで楽しんでもらえる台をプランニング。そして企画の社内プレゼン、版権元への使用許諾、協力会社へのディレクションまで商品企画の工程で行っています。

デザイン

パチンコ台の顔となる外見全体のデザインはもちろん、盤面やセル画、リール図柄、役物、台枠まで、プレイヤーの目に見えるあらゆるハードのデザインを行います。テーマとなるコンテンツの世界観に沿ったデザインで、かつ、これまでの台にはない斬新なデザインを立案。その後、原寸大の模型試作を作成。機構設計の工程へと続きます。

機構設計

デザインの工程で作成された模型試作をベースに、そのデザイン性や機能を維持しつつ、コンテンツの世界観や演出を、いっそう効果的にする可動役物などの各パーツの設計をします。迫力、スピード感、重量感のある動きを持たせることはもちろん、製造しやすく、トラブルが発生しにくい構造にすることも重要なポイントです。

電子演出

大当りやリーチ確率を制御するメインプログラムと、電飾や役物動作、映像演出、音響効果を制御するサブ制御プログラムの主に2つのプログラムを開発します。それらの演出効果が発せられるタイミングを調整することで、ひとつひとつの演出効果の魅力を最大限に引き出します。また、様々な演出を制御する電子基板の開発も行います。

品質管理・検査

パチンコパーラーでの稼動中にトラブルが発生しないよう、ソフト、ハード、設計面など全要素の品質検査を実施。最新技術を盛り込み遊技機の仕様が複雑化していくなかでも、あらゆる温度や湿度、使用頻度で可動可能な品質を担保できるよう、耐久試験を実施します。また、製造しやすくメンテナンスしやすい構造かなどといった耐久性以外の品質検証も行い、商品の信頼性の向上に努めます。

特許出願

新機種には、従来の機種にはなかった「新しい仕様」が採用されており、「工夫して追加したアイデア」(液晶演出、ゲーム性、機構・構造、回路構成、デザイン等)があります。こういったアイデアについて、商品本部の各課の開発担当者にヒアリングを行い、特許出願の原案となるアイデアを抽出します。過去に類似のアイデアが出願されてないかどうかを調査し(先行技術調査)、調査の結果、類似のアイデアがなければ、SANKYO独自のアイデアとして特許庁へ特許や意匠の登録出願をします。

販売・営業

パチンコパーラーに赴き遊技機の案内などを通して、ニーズに沿った提案をします。また、新機種の販売に合わせた内覧会の実施、納品や開店の立会い、納品後のアフターフォローなども行います。パチンコパーラーに寄り添ったサポート営業を一貫して行うことで、迅速かつ柔軟な営業活動を実現します。

広告・宣伝

各製品のセールスポイントやマーケティング調査のもと、営業用資料やノベルティなどの販促ツールや、パチンコパーラーの開店支援ツールなどを作成、配布。また、各製品の発売に合わせたテレビCM、雑誌広告、ウェブを利用した情報発信でメディア露出の最大化を図ります。納入後も、あらゆる媒体に魅力的な情報を露出し続け、各製品の人気や購買意欲を向上させる工夫をしています。

製造・納入

パチンコパーラーからの受注数に応じて、遊技機の製造計画と出荷計画を立案します。まず、各協力工場に遊技機の各ユニット部品を発注し、それらユニット部品を三和工場に納入して、業界最高水準の最新設備によるフルオートメーションにて遊技機を組み立てます。完成した遊技機は動作検査を行い、梱包・配送手配を経て全国のパチンコパーラーに納品します。