MENU

トップメッセージ

株主・投資家の皆さまへ、SANKYOグループの近況について報告させていただきます。

代表取締役社長(COO) 筒井 公久

株主、投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。2020年3月期第1四半期連結決算のご報告をするにあたり、ここにご挨拶を申しあげます。

当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業収益が底堅く推移するとともに、雇用・所得環境も改善が続いているものの、諸外国の通商問題、海外経済の不確実性などから、企業の業況判断には慎重さもみられ、先行き不透明な状況にあります。

当パチンコ・パチスロ業界では、2018年2月に改正遊技機規則が施行され、現在設置されている旧規則機が新規則機に完全に移行する2021年1月末まで、残り2年を切る状況となりました。改正遊技機規則や自主規制の緩和により、遊技機メーカーにおいては、遊技金額を抑えつつ多様なゲーム性を有する商品など、改正遊技機規則等に準拠した商品開発を積極的に進め、新規則機への入替需要の掘り起こしに取り組んでおります。また、遊技機メーカー・パチンコパーラーを中心に業界全体で依存症問題への対応としてさまざまな取り組みを進めており、既存ファンに加え、新規・休眠ファンにも手軽に安心して楽しんでいただける遊技環境の整備に取り組んでおります。

こうした中、当第1四半期においては、各メーカーの旧規則機の販売は一巡し、新規則機の販売が中心となりましたが、人気の高い旧規則機を中心に、検定・認定の有効期間満了前の入替には慎重さがみられ、パチンコ・パチスロともに新規則機の導入は低調となっております。一方、パーラーによる段階的・計画的な新規則機への入替が求められている中、パチンコ機においては、新規則機の大型タイトルがリリースされ、パチスロ機においては、改正遊技機規則等が適用されたいわゆる6号機のヒット商品も出始めており、本格的な入替需要を前に明るい兆しも見え始めております。当社グループにおきましては、パチンコ機2タイトル(リユース機を除く)、パチスロ機1タイトルを発売いたしましたが、コアタイトルとなるパチンコ機の発売は第2四半期以降に予定しているため、当第1四半期の売上は低水準にとどまりました。

以上の結果、売上高113億円(前年同四半期比21.8%減)、営業損失5億円(前年同四半期は13億円の営業利益)、経常損失1億円(前年同四半期は18億円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失93百万円(前年同四半期は14億円の親会社株主に帰属する四半期純利益)となりました。

代表取締役社長(COO) 筒井 公久