MENU

トップメッセージ

株主・投資家の皆さまへ、SANKYOグループの近況について報告させていただきます。

代表取締役社長(COO) 筒井 公久

株主、投資家の皆さまには、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。平成31年3月期第3四半期連結決算のご報告をするにあたり、ここにご挨拶を申しあげます。

当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、企業業績の回復や雇用・所得環境の改善を背景に緩やかな回復基調が継続する一方で、米中貿易摩擦の激化による世界経済への影響などが先行き懸念材料とされる状況にあります。

当パチンコ・パチスロ業界では、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則」(いわゆる改正遊技機規則)が平成30年2月1日に施行されてから1年近く経過し、当面の間販売が可能な旧規則機と、新たに適合した新規則機の販売が混在する状況となりました。

パチンコパーラーにおいては、新規則機の今後の集客可能性に注目しつつも、設置期限の残っている旧規則機を大事に使う動きがみられ、新台入替は低調に推移しております。

当社グループでは当第3四半期連結累計期間において、新規則で新たに認められた設定付きパチンコを業界最速で市場投入し、その後も新規則機の型式試験適合実績を積み重ね、販売可能な旧規則機も含めて販売し、新規タイトルとしてパチンコ8タイトル、パチスロ2タイトルを投入いたしました。さらに平成29年8月に発売したパチンコ「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」の追加販売が寄与したことに加え、原価低減や研究開発費の効率化努力なども奏功し、業績は通期予想に対して堅調に推移しております。

以上の結果、売上高553億円(前年同四半期比19.8%増)、営業利益109億円(前年同四半期は29億円の営業損失)、経常利益118億円(前年同四半期は18億円の経常損失)、親会社株主に帰属する四半期純利益88億円(前年同四半期は12億円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。

代表取締役社長(COO) 筒井 公久