MENU
IRカレンダー・イベント

「個人投資家向け会社説明会」開催のご報告(2015年12月8日開催)

開催日時 2015年12月8日(火) 13:30~14:30
開催場所 SMBC日興証券株式会社 横浜支店
説明者 経営企画部 副部長兼IR室長 小室 昌彦

説明会当日に配布いたしました資料はこちらからご覧いただけます。

  • 個人投資家向け説明会資料(1.75MB)

説明会の様子

当説明会では、当社グループの概要や事業内容、株主優待制度などについてご説明いたしました。
以下、主なご質問の紹介です。

Q.ファン人口増加のために業界ではどのような取り組みを行っているのか。

A.ファン人口減少の要因の一つにプレイ金額の高額化があり、この課題を解決するために業界全体でプレイ金額を抑えた遊技環境の整備に着手しております。なお、資料P.17でご説明したボラティリティを抑えた商品開発は、プレイ金額の抑制につながるものであり、当社もこの趣旨には賛同しています。

Q.若年層や年配層の商品戦略を教えてほしい。

A.若年層は遊技機の仕組みを理解した上でプレイをするため、勝率を重視する傾向があります。したがって、リターンが低めでも勝率が期待できるような商品ラインアップを揃えていく必要があると思います。加えて、若年層に人気のあるコンテンツを使用することも重要だと考えています。一方、年配層につきましては、ドラムタイプの「フィーバー・クィーン」(資料P.20)など液晶を搭載しないパチンコやハネモノといったシンプルなパチンコを提供することでアプローチしています。

Q.最近のパチンコは長い時間遊べなくなっていると感じる。昔あった手打ち式のパチンコを作るつもりはないのか。

A.ご指摘の通り、昔に比べ長時間遊べる遊技機は減少しており、業界の課題の一つとして認識しています。また手打ち式のパチンコにつきましては、残念ながら当社ではなく同業者からこの12月に発売されました。少しずつ導入が始まっているようですので、是非お試しください。

Q.「1円パチンコ」「4円パチンコ」といった宣伝をよく見るが、何が違うのか。

A.同じ仕様のパチンコ機を使用していますが、玉貸料を変えることでプレイ金額を調整する営業方法になります。

Q.パチンコでは大当たりによって賞球を獲得する以外に、プレイ時間に応じて景品などのグッズを獲得できるということはできないのか。

A.プレイで得られるものは、賞球だけと規制されています。したがって、プレイ時間に応じて景品などのグッズを獲得することはできません。しかしながら、IPを使用した遊技機では、パチンコ・パチスロでしか体験できないオリジナルの演出や楽曲を搭載しており、長時間プレイすることでこれらに遭遇するチャンスが増えるという楽しみはあると思います。

Q.私は喫煙環境が苦手だが、禁煙あるいは分煙を行っているパーラーはあるのか。また、禁煙・分煙を実施した方が来客数が多いのではないか。

A.フロアごとに喫煙・禁煙を分けたり、禁煙スタイルで営業を行っているパーラーがあります。一方で、禁煙コーナーを設けることで店舗レイアウトや機種構成を考慮しなければならないため、運営は難しくなるようです。来客数につきましては、一概には言えませんが、喫煙環境が苦手な方はそのような店舗を選ばれているようです。

Q.最近、郊外に大型パーラーが出店しているようだが、どういう背景なのか。

A.郊外店は駐車場の収容台数や遊技機の設置台数が多いのが特徴です。大手パーラーを中心に大型店の出店が増加しており、背景には遊技機の豊富なラインアップによる集客効果や都市型店に比べて出店コストを抑制できることなどがあります。

前のページに戻る